FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花影のカンタータ

月に照らされた花の影で、小さな小さな歌声を

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

非科学的な如月くん ― 風の子 

354.
「すげー風だな!」
「テンション上げんな。うぜー」
「大丈夫、もう叫ばないから!」
 とかいいながら、風に飛ばされないように電柱にしがみついている如月。文字通り、飛ばされそうになっているのだ。紙切れのように。両手で電柱を抱きしめながら風に飛ばされかけている姿は、さながら鯉のぼりの鯉のようだった。
「写真とろ」
「助けてよよっしー!!!」
 両手が限界です。
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/13 Fri. 22:05 [edit]

category: 非科学的な如月くん

thread: 自作小説  -  janre: 小説・文学

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://uminisumuhito.blog95.fc2.com/tb.php/821-f2333f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。