FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

花影のカンタータ

月に照らされた花の影で、小さな小さな歌声を

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

非科学的な如月くん ― 数えひつじ 

329.
 ……眠れない。
 如月はひつじを数えることにした。
 ひつじが一匹。
「めぇ~」
「ん?」
 如月は目を開けて周囲を見渡した。何もない。空耳かな?と如月は思った。再びベッドに横になる。
 ひつじが二匹。
「めぇ~」
「………………」
 如月は再び部屋を見渡した。何もない。ベッドに戻る。
 ひつじが三匹。
「めぇ~~」
 如月は思った。これはこれで、寝られそう。
 ひつじを数える度に聞こえてくる可愛いひつじの鳴き声を子守歌にして、如月は眠った。
良「本当の羊の鳴き声って、結構野太いけどな」
如「あ、やめて。そういうこと聞くと、今度聞こえてくるときに野太い声になっちゃう」
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/09 Sat. 21:01 [edit]

category: 非科学的な如月くん

thread: 自作小説  -  janre: 小説・文学

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://uminisumuhito.blog95.fc2.com/tb.php/792-dcfd95c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。